前へ
次へ

税理士法は税理士を律します

税理士は難関の国家試験に合格した人だけができる仕事であって、特権階級のような雰囲気になることもあります。税理士法はそのような税理士を律しています。税理士法は税理士の資格がなければできない業務を定めている一方で、税理士が税務の知識を悪用して租税回避行為をするようなことを禁止しています。税法の定めに従って、正しく納税することが国民の義務であって、脱税が犯罪であることは周知の事実です。税理士法では、税理士が倫理観を維持して業務を遂行することを求めており、税理士に法令遵守を義務付けています。国家資格を有して業務をするのですから、法令を遵守することは当然のことですし、信頼されるためには税理士法を守ることが前提になります。

Page Top