前へ
次へ

弁護士資格を取るには。

法律系の大学に入り、法科大学院を卒業して、司法試験に合格しなければなりませんが、ここまでにすでに資金力と時間が必要になってきます。何よりも忍耐力が大切になってきます。そして、合格後司法修習を司法研修所で勉強し、卒業してから、晴れて弁護士登録ができる状態になります。弁護士の数が増えたとはいっても、ここまでの資格取得までのリスクは大きなものがあります。ある程度限られた条件の人たちでなければ、チャレンジできない世界になっているとも評価されています。このままでいいとは、評価されていないので、どのように変わっていくのか注目したいものですが、昔のような硬い確実性のある資格のイメージとは違ってきているようです。

Page Top