前へ
次へ

税理士とはどのような仕事を行うのか

TVや本屋で幾度かその名を耳にしたり、目に入れたりする機会もありますが、具体的な仕事内容などはどのような物なのでしょうか。税理士とは簡単に言えば「税務の専門家」の事を指します。その仕事内容は税納者から依頼を受けて、申告の代理や書類作成、税金に関する税務相談などが上げられます。会社を設立したい、融資のアドバイスが欲しい、節税方法を知りたい、申告書を作って欲しい。事業計画書を作りたい、相続税が心配な場合など多種多様な相談を受けて貰う事が可能です。税理士は独立した公式な立場において、申告納税制度の理念にのっとり、納税義務者の信頼に答える事を使命とされます。上記で上げた事柄でお困りの際や、お悩みの際には恐れずまずは相談の電話をしてみるといいかも知れません。

Page Top